スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12月24日

今日は三連休&クリスマス・イブだったので、道路混んでいるかなー、と心配していたのですが、そんなことはありませんでした。
すっきりとした快晴で絶好のおでかけ日和。新しいカメラを持って向かった先は静岡浅間神社と、久能山東照宮。

静岡浅間神社は正確には、神部神社、浅間神社、大歳御祖神社の3社の総称で、三社はいずれも独立の神社として祭祀が執り行われているそうです。
DSCN0006.jpg
舞殿に向かって右側が神部神社。主祭神は大己貴命(おおなむちのみこと)。大国主命の別名で、島根県にある出雲大社と同じ神様です。
↓神部神社の大拝殿
DSCN0005.jpg

向かって左側が浅間神社。主祭神は木之花咲耶姫命(このはなのさくやひめのみこと)。平安時代の延喜元(901年)に醍醐天皇の勅願によって、現在の富士宮の「富士山本宮」のご分霊を勧請し、「冨士新宮」としてお祀りされたそうです。
↓浅間神社の大拝殿
DSCN0007.jpg

回廊と舞殿から少し離れたところにあるのが大歳御祖神社。主祭神は大歳御祖命(おおとしみおやのみこと)。御稲荷さんの母親だそうです。応神天皇の時代(約1700年前)の鎮座と伝えられ、元々は安倍川河畔の安倍の市(古代の市場)の守護神だったそうです。
DSCN0010.jpg


静岡浅間神社には、上記三本社の境内には麓山神社・八千戈神社・少彦名神社・玉鉾神社が鎮座しており、七社参りをして満願成就、となるそうです。静岡浅間神社には緑の帽子を被ったボランティアの方がおり、由来とかを詳しく知りたくなったらその方に訪ねてみましょう(丸投げ)。


次に向かった先は久能山東照宮。御祭神は徳川家康公(東照公)。晩年を駿府で過ごした徳川家康が元和2年(1616年)に死去した後、遺命によってこの地に埋葬されました。
久能山東照宮に行く方法は二通りありまして、日本平からロープウェイで行く方法と、久能山の麓から石段を登る方法がありますが、石段を登りましょう。しんどいですけど、石段の途中から眺める駿河湾は絶景です。

DSCN0020.jpg
社殿。太陽光が反射して煌びやかに見えますが、実際にも金箔がふんだんに使われていていて豪華絢爛です。

DSCN0018.jpg
神廟。家康公は生まれ故郷の三河国の方角を向いてここに土葬されているそうです。

ちなみに、久能山から日本平まではロープウェイが渡っており、天気の良い日は富士山がきれいに見えます。
DSCN0017.jpg

久能山の入り口付近には約8kmに渡っていちごのビニールハウスがあり、いちご狩りを楽しむこともできます。
章姫(あきひめ)という品種で、酸味が少なくさっぱりとした甘さが特徴のいちごです。


そういえば今日はクリスマス・イブなんですよね。たまには助手席に誰か乗せて出かけたいです。
スポンサーサイト
プロフィール

向水ひろみ

Author:向水ひろみ
旅行と美味しいものとSTGが好き

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
タグ

雑記 静岡県 DS3 神社 -0 野球 神奈川県 紅葉 熱海梅園 大雄山 来宮神社 久能山東照宮 STG 静岡浅間神社 仏閣 三嶋大社 ポケモンAS 富士山本宮浅間神社 

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。