スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015年12月13日

お久しぶりです。もうすっかりこのblogの存在を忘れてしまっていました。
今年も日本国内色々なところを巡りました。自分の記憶整理も兼ねて、今年行ってきたところを紹介しようと思います。
分かっているとは思いますが、以下の記述は全て偏見を多分に含んだ私個人の感想なので、あまり真に受けないように。


静岡県河津町

日本一の早咲き桜である河津桜を見に2月中旬に。
温暖な気候+カワヅザクラという早咲きの品種のおかげで真冬でも桜が楽しめる。大体一ヶ月近く見頃が続くので慌てなくても大丈夫。
電車だと熱海駅から風が吹くと止まる、雨が降っても止まる、波が高くても止まる貧弱路線の伊東線と伊豆急行線を経由する必要がある。
車だと沼津ICから伊豆縦貫道経由で伊豆山中のワインディングを吐くほど堪能できる。
とにかく交通網が貧弱、オマケにすぐ渋滞する。早く伊豆縦貫道全線開通させてくれよー。
沼津から伊豆箱根鉄道に沿うように河津に向かうと、世界遺産になった反射炉のある韮山、長岡温泉、修善寺温泉、天城湯ヶ島温泉とやたら温泉を経由することができるので湯めぐりしたい人にはオススメ。ただし車必須。
かつては観光地や保養地だったため、一見華やかだがよく目を凝らすと古臭かったり廃墟になっている建物が放置されていたりする。
とはいえ再建に力を入れており、マリンスポーツやパラグライダー等身体を動かして遊ぶスポットはたくさんある。疲れたらそこらじゅうで湧いている温泉に浸かろう。
ドラマ孤独のグルメでも紹介されたわさび丼の店もある。

伊豆は日本一の深度を誇る駿河湾があるおかげで、なかなか海産物には恵まれている。
オススメはキンメダイ。脂の乗った白身を柔らかく煮付けたものは絶品。しゃぶしゃぶにしてサッと湯にくぐらせるのも良い。
珍しいものだとタカアシガニが食べられる。「大味で水っぽい」とよく言われるが、それほどマズイわけではない。松葉蟹や毛蟹と比較するのはやめよう。
お土産のオススメは田丸屋のわさび漬け(静岡ならどこでも買えるけど)。わさびの茎が他よりも多く入っていてわさびの風味がより感じられる。


京都府京都市

「そういえば真冬の京都って行ったことなかったよな」と思い立ったので2月末に。真冬というよりは初春だけど。
京都旅行のちょっと前に風邪ひいたせいで体調が悪く、正直観光どころでなかった。
一応梅を見に行くという名目だったが、できることならどこかでずっと横になっていたかった。
個人的には桜よりも梅の花の方が好きなので、比較的観光客の少ない2~3月は狙い目だと思っている。
四条通の歩道拡幅工事により歩きやすくなったが、バス・タクシーを筆頭に車には悪夢のような混雑具合になった。
「歩くまち・京都」を掲げての工事らしいが、どうなんでしょうね。
東大路通の歩道拡幅を見送ったことも勘案すると、成功とは言えない気がする。

風邪ひいているけど消化器系は人より丈夫だからって調子こいて夜に焼肉食べたら翌日に響いた。
翌日は消化が良い物を食べよう、と思って入った所が蕎麦屋。後から調べたら蕎麦って消化が悪い食べ物だったんだね。
京都の蕎麦は全体的に薄味な気がする。食べたのは暖かい蕎麦だったけどそばつゆだけでなく、蕎麦自体の味も薄い気がする。風邪で味が分からなかっただけかもしれないけど。
今度寒い時期に京都へ行くことがあったら湯豆腐を食べたい。


京都府舞鶴市

GWに京都府の日本海沿岸へ、天橋立や舞鶴の赤レンガ倉庫を見に行ってきた。
舞鶴若狭自動車道の開通でアクセスしやすくなったが、片道1車線区間が多くあまり快適とは言えない。
かつて舞鶴鎮守府が設置されていた関係で旧海軍に由来する施設が多い。現在も自衛隊の基地があるから護衛艦を見ることもできる。
宿泊したホテルに艦これの同人誌即売会のポスターが貼ってあったのを見た時はちょっと変な笑いが漏れた。
日本三景の天橋立がある宮津市にも近い。天橋立付近は中小の駐車場がやたらあるので車で行ってもそれほど苦労はしないと思う。
天橋立にはレンタサイクルがあるので自転車で回るのも良いが、やっぱり松並木をのんびり歩くのがオススメ。帰り歩きたくなかったらモーターボートに乗ろう。
舞鶴赤レンガ倉庫群は寄港している護衛艦を間近で見られる。一般公開しているとはいえ自衛隊の施設だから、立ち入り禁止区域とは有刺鉄線で区切られていたりして物々しい雰囲気がある。
赤レンガ倉庫群は創作工房やイベントホールになっていて見て回るだけでも楽しい。

舞鶴はあさり丼が有名らしいけど、暑さにやられて蕎麦を食べた。今思うともったいないことをしたと思う。
舞鶴で買った缶入りの護衛艦カレーの存在をこれ書いていて思い出した。


福井県坂井市(東尋坊)

先の京都旅行の翌日に。ご存知自殺の名所。
観光客は結構来るのでそんなに寒々しい雰囲気もない。オマケに駐車場から東尋坊まではやたら土産屋がある。
自殺の名所として有名になりすぎたせいか、自殺志願者を救う活動をしている市民団体まであるという。
切り立った崖から下を覗くと吸い込まれそうな、妙な迫力があるので飛び降りたくなる気持ちも分からないでもない。
男一人軽装で行くと自殺志願者だと勘違いされて声をかけられると聞いたけど、そんなことはなかった。

福井市では八重寿しというところで寿司を食べたけど、今のところここが一番コストパフォーマンスが良かった。
上握りと鉄火巻きと味噌汁とアジの握り×2とブリの握りと茶碗蒸し食べて4,000円くらい。
日本海側の魚って太平洋側と同じ種類でもなんとなく脂が美味しい気がします。


奈良県奈良市&天理市

東側からだととにかくアクセスが不便な奈良県。
名阪国道は一般道なのに常時100km/h以上で流れている。上り坂で4t車に後ろから煽られた時はちょっと怖かった。
有名なΩカーブは「調子こいてるとそら壁に激突するわな」といった線形をしている。
奈良市内は道路が狭い&交通量が多い&交通マナーが悪いの三重苦で何度かヒヤッとした。あと、信号のない横断歩道に歩行者が立ってたら渡らせてあげようよ。
奈良市の有名な寺院は狭い区間に集中しているので半日もあれば全部回れる。
おかげで観光客は大体日帰りか近い大阪に泊まるので、奈良は宿泊施設を探すのに苦労する。
ちなみに、奈良市内の鹿は春日神社の神使で天然記念物だから車で轢くと人身事故扱いになる。
奈良市では「蘇」という古代のチーズのような食べ物が食べられる。
キャラメルを煮詰めたような、なんとも微妙な味わい。口の中で溶かすようにゆっくりと食べると甘味と風味が広がる。
私は普通に齧りついて「なんだこれ微妙」と思ってたけど、残り僅かになってゆっくり味わったら美味しく感じた。

奈良時代は仏教がインドから伝わってきたばかりだから仏像の顔の造りが京都にある仏像とはちょっと違うものがあったりする。
分かりやすいものから、微妙に違っているものまで。時代の流れと、異文化が独自にアレンジされていくのを見るのも面白い。

天理市は日本で唯一の宗教都市。
街の中心部に近づくに連れて同じような見た目の巨大な建物が増えるので圧倒される。特に天理教本部付近はすごい迫力。
あの雰囲気は言葉ではなかなか説明しにくいので一度行ってみることをオススメする。

奈良は京都ほど観光客が多くないので、変に観光地化されてないのが魅力。
ただ、ひっそりと侘び寂びを感じられる寺院はアクセス最悪な奈良県南部にあるのが難点。
自分が行った中では長谷寺がゆっくりできてオススメ。本堂から奈良の原生林を眺めると時間がゆっくり流れる気がする。


鹿児島県

7月に年に一度の遠征旅行。
鹿児島はとにかく食べ物が美味しかった。黒豚が有名だけど、さつま地鶏もオススメ。当然のように魚介類も美味しい。ズルイわ。
刺身を食べてびっくりしたことに、鹿児島の醤油は甘いんだ。山口や島根の醤油も甘かったけど、鹿児島はそれ以上に甘い。
甘い醤油で刺身を食べるのに最初はちょっと抵抗があったけど、魚の臭みを消してくれるし、刺身によく合うんだ。
鹿児島は焼酎メーカーが多いだけあって基本的に焼酎しか飲まないらしい。
ちょうどお祭りやってたんだけど、出店にも焼酎の水割りが売られていてびっくりした。
私は下戸だから焼酎飲めないんだけどな。こういう時本当に下戸でもったいないと思うけど、体質だから諦めるしかなくて悔しいわ。
食べ物は基本的に天文館周辺で食べればハズレはない。

観光地のオススメは霧島神宮と知覧武家屋敷庭園群。
霧島神宮は奈良の寺院みたいに大きくはないんだけど、緑深い木々の中に朱塗りの境内がよく映える。
霧島神宮周辺はジオパークとしても整備されているから色々と見て回るのが良いぞ。ちょっと足を伸ばせば高千穂峰にも行ける。

知覧武家屋敷庭園群は薩摩の小京都と言われるだけあって箱庭のような趣がある。
「~~の小京都」と呼ばれるところは全国各地にあるけど、知覧が一番だと思ってる。
とにかく美しいんだ。真白な庭園の白土と緑の植込、透き通るほど青い空が鮮やかで別世界にいるような気分になる。
今年鹿児島を選んだのも、この知覧武家屋敷庭園群に行きたいためだったりする。

知覧武家屋敷庭園群からほど近いところに知覧特攻平和会館がある。
館内に入ると特攻隊員たちの写真と彼らの遺書、遺品が目を引く。
どの顔も若く、精悍なんだ。また、遺書はどれも遺された家族への思いやりに溢れている。
最近また世界情勢がきな臭くなってきたけど、特攻で命を散らした彼らは今の世をどう思ってるんだろうな。

鹿児島旅行での唯一の不満は鹿児島空港の立地かな。
霧島市内まで車で40分近くかかるのはさすがに不便。鹿児島中央駅までも結構かかる。
全然関係ないけど、レンタカーで借りたAQUAの燃費が24km/Lだったのにはびっくりしたわ。
高速道路でアクセルガンガン踏んだし、山道のワインディングでも結構楽しんだのにこの燃費とは恐れいった。
さすがに100km/hで走るにはパワー不足を感じたけど、市街地走る分には全く不満ない。こりゃあ売れるわけだわ。


新潟市

合唱の練習と仕事の関係でSWに宿泊で行けなかったから静岡から新潟まで日帰りでへぎそばを食べに。
家族からは「アホ」だの「アタマおかしい」とか言われたけどな。往復で約800km。途中関越道がやたら渋滞していてさすがに疲れた。
へぎそばは駅前の須坂屋ってところで食べた。つなぎにふのりを使っていると聞いて磯臭いかと思ったけど、ほんのり香る程度。ツルツルの独特の食感が癖になって美味しい。
一緒に注文した佐渡エゴはなんとも不思議な食べ物だった。こんにゃくのような弾力があるかと思ったらそうでもないし。
新潟駅の駅ビルにはぽんしゅ館という500円で新潟全ての酒蔵の代表銘柄からおちょこ5杯分が利き酒できる施設がある。
私みたいな下戸やドライバーはぽんしゅ館の手前で大人しく利き醤油しよう。


岡山市

11月に1泊で。車で行ったら家族からはやっぱり「アホじゃない?」と言われた。
岡山も比較的交通マナーが悪い。ウインカー出さずにいきなり車線変更する車が非常に多い。
あと、高速道路でずっと追い越し車線を走っている。それ道路交通法違反だからな?
岡山で見てきたのは最上稲荷と岡山後楽園。
日本三大稲荷の一つの最上稲荷はとにかくデカい。ここで凶の御神籤引いてから微妙な不運が続いている。そろそろ運上向いてくれませんかね……。
岡山後楽園は日本三名園の一つ。近くには岡山城もあるので、入場券をセットで購入するのがオススメ。
時間に余裕がなくて岡山城まで見て回れなかったのが残念。

岡山は黄ニラとままかりが有名。
黄ニラの卵とじは柔らかくて甘い黄ニラとだしの風味がよく合っていてとても美味しい。
ままかりはサッパという小魚の酢漬け。ご飯のおともに最適で、いくらでもお米が食べられる。
あと、全国的な知名度は低いけど、備前市日生町は牡蠣の養殖が盛ん。
昼過ぎに五味の市に着いたらおばちゃんにやたら牡蠣買わされた。1,000円で20個ぐらい?
「こんなに一人で食えんよー」と言ったけど「美味しいからたくさん食べなー」と言われてやたらオマケされた。
ここで買った牡蠣は隣りにある海の駅しおじでBBQができる。90分1,500円で何でも持ち込み可。
ちなみに、牡蠣メスやポン酢等牡蠣を焼くのに必要な道具一式は基本料金に含まれている。
牡蠣がふんだんに入っているカキオコは日生名物らしいが、焼き牡蠣でお腹いっぱいになって食べる気になれなかった。

大都会岡山とかネタにされるけど良い所だと思う。
駅前の繁華街を夜間一人で歩いていても謎の安心感あるし。

以上。
今年は西の方にばかり行ったから来年は東北方面に行きたいなー。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

向水ひろみ

Author:向水ひろみ
旅行と美味しいものとSTGが好き

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
タグ

雑記 静岡県 DS3 神社 -0 野球 神奈川県 紅葉 熱海梅園 大雄山 来宮神社 久能山東照宮 STG 静岡浅間神社 仏閣 三嶋大社 ポケモンAS 富士山本宮浅間神社 

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。